波田野愛子 睡眠導入剤で殺人未遂!嫉妬から生まれた完全犯罪!

千葉県印西市の老人ホームで睡眠導入剤を混ぜたお茶を
同僚らに飲ませて交通事故を起こさせたとして、
准看護師の波田野愛子容疑者(71)が殺人未遂容疑で逮捕されました。
容疑者が勤めていた老人ホームはどこなのか?
また、事件の経緯について書きます。

スポンサーリンク


波田野愛子 睡眠導入剤をお茶に混ぜる!

老人ホーム「よしきり」の准看護師・波田野愛子が睡眠導入剤を
混ぜたお茶を同僚に飲ませて交通事故を起こさせた事件で、
殺人未遂の容疑で波田野愛子(71)が逮捕されました。
その後、別の職員を同じ方法で事故死させたとして、
県警は勾留期限の8月1日にも殺人容疑で再逮捕するそうです。

老人ホームでは1月以降、14人の職員のうち、交通事故に
巻き込まれた女性を含めて5人が強い眠気やめまいの症状を訴えました。
波田野容疑者は、30代の女性職員に睡眠導入剤を混ぜたコーヒーを飲ませて
急性薬物中毒にしたとして6月21日に傷害容疑で逮捕され、
さらに別の女性職員(69)とその夫(71)に睡眠導入剤入りのお茶を飲ませて
交通事故を起こさせ、夫婦らを殺害しようとしました。
7月11日に殺人未遂容疑で再逮捕されていましたが、
殺意は認めていないということです。
その他にも、2月5日に車で帰宅予定だった女性職員(当時60)に
睡眠導入剤を混ぜたお茶を飲ませ、
意識障害などにより交通事故を起こさせて殺害しました。
女性職員は夜勤明けの帰宅途中に、直線道路のセンターラインを越えて
対向車と正面衝突し、死亡しました。
そのため、当時は事故として扱われ、女性の血液の分析や
司法解剖は行われませんでしたが、今回の事件が発覚し、
遺族から女性が当時着ていた服の提供を受けて調べました。
その結果、女性職員の衣類などに付着した血痕から
睡眠導入剤の成分が検出されたといいます。
この女性は普段から健康状態に問題はなく、導入剤も服用していなかったそうです。

波田野容疑者はホーム入居者の薬を1人で管理していましたが、
自身も医師から導入剤を処方されていたそうです。

スポンサーリンク


波田野愛子 犯行動機は嫉妬だった!

今回の事件で被害にあったのは、全て同僚ということで、
50人ほどいる利用者には何も被害を与えてないということになります。
県警の調べでは、事件に対して同僚を妬んでいたと供述していたそうで、
犯行動機は、同僚への妬みや恨みがあったと考えられます。
上司に気に入られて羨ましい、可愛がられていたなどと被害者への
嫉妬もあらわにしています。
准看護師という立場を使って、栄養剤と嘘をつき、お茶を飲ませるなんて
人としてどうかと思います。
今回事件が発覚していなかったら、まだまだ被害者は増えていたかもしれません。
また、周りからは被害者と仲がいいと思われていたらしく、裏の顔があったと考えられます。
人は見た目で判断してはいけないとは、まさにこのことですね。

被害者のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください