本田圭佑の移籍先 最新情報![動画あり]新天地はパチューカ!

今年の6月30日にACミランとの契約満了した、日本代表FW本田圭佑選手の移籍先がメキシコの名門パチューカに決まりました。
契約書にサインする動画が、本田選手自身のインスタグラムやツイッターに投稿されています。
様々な移籍先が噂されていましたが、パチューカとはどんなチームなのでしょうか?

スポンサーリンク


本田圭佑 移籍先はパチューカ!契約動画あり!

日本代表の本田圭佑選手は、今年の6月30日にACミランとの三年半の契約を満了し、その後の移籍先について注目されていました。
スペインのラスパルマス、レバンテやプレミアリーグのアーセナル、ハル、トルコのガラタサライなど多くの移籍先候補が挙げられていましたが、本日メキシコのパチューカと契約したことを、自身のツイッターや、インスタグラムに投稿しました。

契約書にサインをしている動画がこちらです。

6月の日本代表合宿時に本田選手は、移籍の候補についてこんなことを話しています。

「うーん、あんまり絞ってないですね、その幅は広めに自分の頭の中では柔軟にしていて、どんな話も聞いてみようというような心構えではいます」

また、新たな移籍先について、Jリーグへの復帰を否定していました。

「正直言うと、日本という選択肢は考えたことないです」
「日本には僕がいなくても、いっぱいがんばっている選手もいるし、僕がいなくても、たくさん日本人がいる」

 

あんま同じルーティンが好きじゃないんで。環境もそうですけど。
常に未開の地みたいなところが好きですし、自分の知らないエリアに行くのも好き

自分がいなくても大丈夫、任せられるという気持ちと、新しい環境や刺激を求めているという思いで、
日本は候補には入らなかったということですね。
そして、来年のW杯ロシア大会に向け、北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)に所属するメキシコ1部リーグの名門を選びました。

 

今まで所属していたチームがこちらです。

2005年 – 2007年 名古屋グランパスエイト
2008年 – 2009年 VVVフェンロー
2010年 – 2013年 PFC CSKAモスクワ
2014年 – 2017年 ACミラン
2017年 – CFパチューカ

引用;wikipedia
J1名古屋でプロになり、オランダのVVVフェンロ、ロシアのCSKAモスクワ、イタリアの超名門ACミランと移籍のたびに周囲を驚かせてきましたが、海外4クラブ目の選択でもまた注目を集めました。

 

スポンサーリンク


本田圭佑の移籍先パチューカって?

パチューカはメキシコ中央部イダルゴ州の州都パチューカが本拠地で、1901年に創設されたメキシコ最古のクラブです。
パチューカはメキシコ1部に所属し今年4月、北中米カリブ海チャンピオンズリーグで5度目の優勝を果たし、
北中米カリブ海王者として、今年12月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるクラブW杯の出場が決まっています。
過去に日本人では福田健二選手(J2横浜FC)が同じパチューカに所属し同リーグでプレーしていたり、
前日本代表監督のハビエル・アギーレ氏が監督を務めたこともあります。
メキシコリーグ「リーガMX」は7月23日(現地時間)に開幕戦を迎え、クラブ・ウニベルシダ・ナシオナルと対戦する予定です。
この試合が、パチューカ本田のデビュー戦となる可能性があります!
今後も本田圭佑選手の活躍から目が離せませんね!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください