エペ 吉祥寺でランチが魅力的!パン屋とビストロの融合!

今回紹介するパン屋さんは、「ブーランジェリー・ビストロ・エペ」です!
前回に引き続き吉祥寺のパン屋さんで、吉祥寺でパン屋巡りをする時に必ず立ち寄るパン屋さんです!
他のパン屋さんにはない演出とともにご紹介します!

スポンサーリンク


ブーランジェリー・ビストロ・エペ(Boulangerie Bistro EPEE)・東京

☆お店情報
住所.東京都武蔵野市吉祥寺南町1-10-4 1F
電話番号.0422-72-1030
営業時間.9:30~18:30
定休日.無休
予約.可
駐車場.なし
最寄駅.吉祥寺駅南口から徒歩3分
エペのHPはこちら

こちらは、2013年にOpenしたお店でパンとビストロのお店です。
EPEEとは、剣の意味があり、料理やパンでお客さんのハートを一撃する(掴む)という気持ちが込められているそうです。
場所は、吉祥寺駅南口から大通りを1本入り、歩いて3分くらいのところにあります。
外観も本場を思わせるようなお洒落なつくりになっていて、やはりこちらのお店も次々にお客さんが入ってきます。
エペ

店内は入ってすぐのところにパンが並べてあり、奥に客席があるといった感じです。
ビストロではランチやディナーがコース料理になっていて、パンも提供されます。
その場で、焼きたてが食べれるのが良いですね(^^)
レジの横では、パンを焼くオーブンがあり、丁度釜入れをしていたので許可をもらい写真を撮らせて頂きました!
エペの店内
普段パン屋で働いている私からしたら、もう興奮が抑えきれませんでした!笑
お客さんに見える位置で、窓ガラス越しとかではなく直接パンを焼いているところを見せている演出がとっても魅力的です!!
店内のパンは自分でトレーにのせる方式です。

スポンサーリンク


ここでおすすめのパンを紹介します。

エペのパン

*スモークチキンと蓮根のエピ 310円
一般的なエピは、フランスパンの生地にベーコンが入っていますが、こちらはスモークチキンと蓮根が入っています。
表面に白ゴマがついていてプチプチとした食感と、蓮根のシャキシャキ感がパンのアクセントになっていてとっても美味しいです。
エペのエピ」

*コンプレチョコ 120円
全粒粉の生地にチョコチップが入っています。
噛めば噛むほど全粒粉の味がして、もちもちしています。
エペのコンプレチョコ

*ブリオッシュパティシエール
丸いクリームパンで、ずっしりしていて少し重めです。
パンはカステラのようなしっかりした生地です。

エペのブリオッシュパティシエール

*マスカルポーネ入り食パン 310円
マスカルポーネを使って仕込んだ食パンで、珍しいなと思い買ってみました。
普通の食パンより小さめで、キューブ型で販売してあり、店員さんにスライスしてもらうこともできます。
断面はもっちりしていますが、食べてみると歯切れがよく溶けていく感じがあります。
ほんのり甘くそのままでも、トーストしても美味しく食べられます。
エペのマスカルポーネ入り食パン

最後に

パンの種類はそこまで多くはありませんが、どれも魅力的なパンばかりです。
パン屋巡りをするとなかなかランチとか食べている余裕がないので、今度はランチ目当てで訪問したいです。
そして、目の前で焼きあがったパンを食べたいです(^^)

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください